漁師直送 昭和丸

日本海新潟村上から会員飲食店様と一般ご家庭にお届けする漁師直送便

漁師直送昭和丸のブログ

ブログ一覧

桜鯛とは?旬のマダイが予期せぬ大漁|新潟日本海

ヒラメ・スズキ・タイ大漁画像

冬の寒さも落ち着き、車のタイヤもスタットレスからノーマルに交換したこの頃。昭和丸の板引き漁で真鯛が予期せぬ大漁。

漁船が鯛で満船

この時期の真鯛は、湧いたカタクチイワシの捕食や、産卵のために群れで固まる習性があり、桜が咲く頃の今の真鯛を桜鯛と言います。味は卵を抱える前の1~2月が美味しいと言いますが、まとまって水揚げされる春(3~4月)が漁師的にも世間的にも旬と言って間違いないのではないでしょうか。

高級魚である真鯛が一気に群れるポイントが新潟県と山形県の県境にあり、大瀬春のルアーマダイフィッシングは釣り人にとっては有名です。(新潟寝屋漁港釣り船釣果情報ブログまとめを参照)

しかし、そんな海底の隆起の激しいポイントで海底で網を引く板曳き漁はもちろんできません。今回の大漁ポイントはそこから30マイル以上離れたいつも通りの平場。

中層あたりでの魚探の反応は小アミやカタクチイワシが湧いて賑やかでしたが、底の反応は特に無く本当に上げてビックリの真鯛祭り。

漁港(漁協)で魚の選別

生きた魚(鯛)が暴れる動画

最終的にはマダイだけでも100箱を超える水揚げ。これがあるから漁師はおもしろい!

 

昭和丸が直送する鮮魚セットは鮮魚通販|日本海新潟寝屋漁港産の漁師直送詰合せセットから注文受付中。

 

中古漁船&漁具売買サイト

 

 

最短当日でカード決済導入!

創作厨房伊とう|漁師直送の魚が食べられるお店|東京都大田区

昭和丸直送の魚が『伊とう』で食べられます。

2018年3月16日 東京都大田区の【創作厨房伊とう】に昭和丸直送の魚が届いています。

獲れた瞬間にホレた肉厚の大ヒラメ正直私も食べたい!!

お近くの方は是非足を運んでみてください。 

 

大田区 伊とうの所在地

144-0051 東京都 大田区
西蒲田6-28-6-103

TEL 03-6424-5718

 

冬の海から春の海へ|桜鯛・サクラマス・イワシなど春の魚が水揚げ増える

春の粟島

特別に寒くて異常なほど雪の多かった冬が終わり、春の海になってきました。今年の冬は・・

2018年大雪

こんなに積もる事が多々あり、いつも雪かきをした印象です。

しかし、止まない雪はない。

 

春の粟島

3月に入るとこの様に雪も解けて春らしくなってきました。

 

水揚げされる魚も刺し網ではサクラマス、釣りや吾智網では桜鯛など春の魚が見え始めました。自然のカレンダーはいつも暦通りで安心。

 

ここのところ、朗報というか少し期待をしている変化があるのですが、昔はたくさん獲れたけど近年ほとんど姿を見る事がなかった魚『ホッケ』が毎日数匹ずつ見る様になりました。

どれも小さくて痩せていますが、間違いなくホッケです。しかも、通常ホッケは沖の深いところにいるものなのですが、板曳き漁の漁場である水深100m以内の浅いところにもいます。

この時期そこらじゅうでカタクチイワシが湧くので、どうやらそれを食べている様です。そう簡単にはいかないと思いますが、このまま増えてかつての豊富な資源量に戻って欲しいと本気で思います。

真ホッケ増加

中古漁船を漁師間で直接取引出来るようサポートする【漁師のミカタ】を公開

漁業のマッチングサイト紹介

機会があれば誰かに譲りたいと考えている中古の漁船や漁具など漁業関連品を、どこかで必要としている同じ漁業者とを繋げるお手伝いをするマッチングサイト【漁師のミカタ】を開発公開しました。

 

 

出品登録方法はいたって簡単。

『出品登録する』ボタンから各出品登録ページ(漁船・エンジン・漁具その他)に行き、スマートフォンで撮った商品画像を添付して各入力項目を入力して利用規約を確認&同意後に出品登録申請ボタンをクリックするだけ。

中古船舶の取引方法

↑出品登録申請方法解説の一部↑

【簡単】漁船出品登録方法を解説

 

中古の漁船や漁業関連品を探す場合、所属する地域漁業協同組合内または隣接する地域の漁業協同組合くらいの範囲でしか情報収集ができないのが現状です。

しかし、もっと広範囲で情報共有できれば、より早く、より理想の同業者の売り手と買い手が出会えるのではないかと考え漁師のミカタを作りました。

○高齢で廃業する漁師のまだまだ使える漁船をこれから独立しようと考える若い漁師へ

○温暖化など海洋環境の変化により獲れる魚が変わり、漁法を変えて操業する事になり、まだ使える漁具をその魚が新たに獲れるようになった地域の漁師へ。

○漁師から中古漁船の販売を委託されている造船業などの業者さんの利用。

○地域の漁業者しか販路がない漁業関連用品販売業者さんの販路拡大の利用。

○インターネットの使えない漁師へのサポート事業として漁協職員さんによる代理出品。

などなど、漁師のミカタの活用法は様々です。

 

多くの方に利用していただく程に漁師のミカタは魅力あるサイトに育ちます。「このサイトを漁業の持続的な発展に貢献できる存在に育てる」という信念を持って運営していく所存です。漁業関係者の皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ライフジャケット着用義務化|平成30年2月から全乗船者対象

寝屋漁港漁風景

平成30年2月1日から20トン未満の小型漁船の場合、原則すべての乗船者にライフジャケットの着用が義務づけられます。

 

現行のライフジャケット着用について

【着用義務】・・・一人乗り漁船で漁業を行っている者

【着用努力義務】・・・一人乗り以外の漁船で漁業を行っている者

 

 

改定後のライフジャケット着用について

【着用義務】・・・一人乗り漁船で漁業を行っている者、一人乗り以外の漁船で漁業を行っている者どちらの場合も

 

※船室内に乗船している者や潜水漁業を行うために必要な措置(ウェットスーツ着用等)を講じている者等はライフジャケットの着用義務を負わない。

 

 

違反した場合の処分

違反した船長には違反点数2点が課され、再教育講習をうけなければならない。

5点以上で免許停止の対象。

※平成34年2月1日から違反点数の付与開始

 

 

 

ライフジャケットの種類

国が安全性を確認した桜マークのあるライフジャケットである必要有

 

 

 

まとめ

ライフジャケット着用者が海中に転落した際の死亡率は、着ていなかった場合の半分というデータがあり、命を守る効果は絶大です。

私も現在2人乗りで漁業を行っていて、今までは着用努力でしたが、義務化を機に地域の漁業者と共に安全に対する意識を更に高めたいと考えています。