漁師直送 昭和丸

日本海新潟村上から会員飲食店様と一般ご家庭にお届けする漁師直送便

漁師ブログ

桜鯛とは?旬のマダイが予期せぬ大漁|新潟日本海

ヒラメ・スズキ・タイ大漁画像

冬の寒さも落ち着き、車のタイヤもスタットレスからノーマルに交換したこの頃。昭和丸の板引き漁で真鯛が予期せぬ大漁。

漁船が鯛で満船

この時期の真鯛は、湧いたカタクチイワシの捕食や、産卵のために群れで固まる習性があり、桜が咲く頃の今の真鯛を桜鯛と言います。味は卵を抱える前の1~2月が美味しいと言いますが、まとまって水揚げされる春(3~4月)が漁師的にも世間的にも旬と言って間違いないのではないでしょうか。

高級魚である真鯛が一気に群れるポイントが新潟県と山形県の県境にあり、大瀬春のルアーマダイフィッシングは釣り人にとっては有名です。(新潟寝屋漁港釣り船釣果情報ブログまとめを参照)

しかし、そんな海底の隆起の激しいポイントで海底で網を引く板曳き漁はもちろんできません。今回の大漁ポイントはそこから30マイル以上離れたいつも通りの平場。

中層あたりでの魚探の反応は小アミやカタクチイワシが湧いて賑やかでしたが、底の反応は特に無く本当に上げてビックリの真鯛祭り。

漁港(漁協)で魚の選別

生きた魚(鯛)が暴れる動画

最終的にはマダイだけでも100箱を超える水揚げ。これがあるから漁師はおもしろい!

 

昭和丸が直送する鮮魚セットは鮮魚通販|日本海新潟寝屋漁港産の漁師直送詰合せセットから注文受付中。

 

中古漁船&漁具売買サイト

 

 

最短当日でカード決済導入!

冬の海から春の海へ|桜鯛・サクラマス・イワシなど春の魚が水揚げ増える

春の粟島

特別に寒くて異常なほど雪の多かった冬が終わり、春の海になってきました。今年の冬は・・

2018年大雪

こんなに積もる事が多々あり、いつも雪かきをした印象です。

しかし、止まない雪はない。

 

春の粟島

3月に入るとこの様に雪も解けて春らしくなってきました。

 

水揚げされる魚も刺し網ではサクラマス、釣りや吾智網では桜鯛など春の魚が見え始めました。自然のカレンダーはいつも暦通りで安心。

 

ここのところ、朗報というか少し期待をしている変化があるのですが、昔はたくさん獲れたけど近年ほとんど姿を見る事がなかった魚『ホッケ』が毎日数匹ずつ見る様になりました。

どれも小さくて痩せていますが、間違いなくホッケです。しかも、通常ホッケは沖の深いところにいるものなのですが、板曳き漁の漁場である水深100m以内の浅いところにもいます。

この時期そこらじゅうでカタクチイワシが湧くので、どうやらそれを食べている様です。そう簡単にはいかないと思いますが、このまま増えてかつての豊富な資源量に戻って欲しいと本気で思います。

真ホッケ増加

ライフジャケット着用義務化|平成30年2月から全乗船者対象

寝屋漁港漁風景

平成30年2月1日から20トン未満の小型漁船の場合、原則すべての乗船者にライフジャケットの着用が義務づけられます。

 

現行のライフジャケット着用について

【着用義務】・・・一人乗り漁船で漁業を行っている者

【着用努力義務】・・・一人乗り以外の漁船で漁業を行っている者

 

 

改定後のライフジャケット着用について

【着用義務】・・・一人乗り漁船で漁業を行っている者、一人乗り以外の漁船で漁業を行っている者どちらの場合も

 

※船室内に乗船している者や潜水漁業を行うために必要な措置(ウェットスーツ着用等)を講じている者等はライフジャケットの着用義務を負わない。

 

 

違反した場合の処分

違反した船長には違反点数2点が課され、再教育講習をうけなければならない。

5点以上で免許停止の対象。

※平成34年2月1日から違反点数の付与開始

 

 

 

ライフジャケットの種類

国が安全性を確認した桜マークのあるライフジャケットである必要有

 

 

 

まとめ

ライフジャケット着用者が海中に転落した際の死亡率は、着ていなかった場合の半分というデータがあり、命を守る効果は絶大です。

私も現在2人乗りで漁業を行っていて、今までは着用努力でしたが、義務化を機に地域の漁業者と共に安全に対する意識を更に高めたいと考えています。

 

 

ヨリトフグとは|スーパーで肝入りフグ販売?毒性や安全性は?

ヨリトフグ

平成30年1月15日に愛知県同県蒲郡市の『スーパータツヤ』で肝臓を含んだフグの切り身パックを販売したとのニュースに驚きました。

 

しかも、5パック販売したうちの4パックがまだ未回収のようで、恐ろしいですね。

フグの肝っていえば猛毒だと誰でもわかりそうなもの。ましてや、魚をあつかうプロであれば常識なのでは??と疑問に思いますよね。

 

スーパーの担当者の話だと、ヨリトフグなので毒性が低く、有毒との認識がなかったとのこと。

「え?ヨリトフグってなに?」漁師の私も聞いたことのない名前にさっそくググってみる。

 

確かに肝の毒性が低く、昔は肝も食べていたそうだ。

 

ビジュアルを見て驚いたのが、うちの板曳き漁の網にもよく入ってくるフグだ。水分でブヨブヨになっていてヘンテコなフグ。

 

2018年1月の漁の際に撮影にも成功。

 

 

 

正面からヨリトフグ

正面からみたヨリトフグの顔

 

 

横からヨリトフグ

横からみたヨリトフグ

 

斜め横からヨリトフグ

斜め横からみたヨリトフグ

 

上の撮影したヨリトフグは水揚げして少し時間が経ったので落ち着いていますが、獲れたては水分で”ブヨンブヨン”

 

これ食えるの?とさらに驚く。しかも、非常に美味な魚だと星四つの評価にまたまた驚く。こんなにマイナーな魚を知っている今回問題のあったスーパーの鮮魚担当者の知識に少し感心。

 

でも、ダメなものはダメ。

 

肝を食べるのは現在は禁止されているのでご注意を。今回販売されて未回収のフグを誰も食べない事を願います。

 

 

 

 

 

記録的降雪の新潟村上市寝屋漁港|北陸甲信越地域の大雪被害

冬の新潟寝屋漁港

2018年1月10日頃から連日大雪が降り続くここ新潟県村上市寝屋漁港。

三条市で大雪で電車が止まり大勢が車内に取り残されたとのニュースもありましたが、寝屋漁港のある地域は新潟県内では比較的積雪量の少ない地域ですが、今回はすごいです。

冬の新潟寝屋漁港

 

朝一で船の雪かきをしても午後にはこの状態。かいてもかいても積もる雪。

 

大雪の港

 

喜んでいるのは子供くらい。

 

雪だるまライトアップ

 

雪だるまにかまくらなど、例年ではできない様な遊びを楽しんでいます。

 

旬の食材を飲食店様へ【八面六臂】

2017年の始まりは鶴岡市善宝寺にて大漁祈願

2017年の始まりは山形県鶴岡市で海の守護・龍神様のお寺として有名な善宝寺で海上安全と大漁を願いご祈祷してきました。

毎年恒例です。

善宝寺ご祈祷

善宝寺境内

善宝寺石塔

名刹本堂

善寶寺の初詣

善宝寺でご祈祷をする漁師

やっぱりお寺さんで手を合わせると心がスッとしますね。

心のお守りにして、操業中は常に注意を払い安全に努め、大漁できないのは努力と勉強不足。

日々勉強します。



最大1,100円もお得!初めてなら断然こちらのセットから!!

さいち 日本一有名なスーパーのおはぎ|仙台市秋保温泉

さいちのおはぎ

シケばかりの今年の10月。
大型連休中に家族旅行で仙台へ。
この旅一番の目的はこちら

仙台アンパンマンミュージアム

小さい子供にとって夢の空間『アンパンマンミュージアム』
今回は二回目でしたが娘も息子も前回以上に大喜び。

たくさん遊んだ後は仙台中心地から車で2~30分の今回宿泊する秋保温泉へ。

この旅もう一つの目的はTVで見て興味深々だった日本一おはぎが売れるスーパーさいちのおはぎを食べる事。
絶対もうないだろうとは思いつつ夕方温泉宿に帰る途中に寄ってみる。

日本一有名なスーパー

見た目はいたって普通のローカルスーパー。
こんな感じのスーパー地元の村上市にもあります。
中に入ると案の定これ。

さいちスーパー夜

すげー。
おはぎ専用のコーナーはとっくにカラ。

秋保温泉を堪能した翌朝リベンジ。

さいち駐車場

駐車場も第3まであってどこも車一杯。
車も多くが県外ナンバー。
平日の朝ですよ。

仙台有名スーパー

第2駐車場から坂道を少しのぼってスーパー到着。
11キロの息子抱っこしながらだったのでハアハア息があがる30代。

お惣菜秋保温泉

店内は人、人、人。
人口密度すご。

おはぎコーナーの通路は人間が回転寿司のネタの様にまわっていました。
私たち家族も流れに身を任せてネタになりようやくおはぎゲット。
ベビーカー引いてこなくて正解。とても通れない。

おはぎ行列

レジも大行列。
店員さんがなれていて回転がはやい。
行列もたいして苦にならない。

毎年12月に行われる我らが新潟漁協山北支所の塩引き鮭販売イベント『イヨボヤ祭り』も全国各地からお客さんがたくさん来て漁協の職員や私たち漁師は毎回てんてこ舞いになりお客さんに怒られたりもするので、この購入するまでのお客さんのスムーズな流れを見習いたいものです。

▼昨年のイヨボヤ祭りの様子▼
新潟村上寝屋漁港鮭直売



念願のおはぎは車内でさっそくいただく。

さいちのおはぎ

濃厚なあんのうま味と柔らかい食感。
大満足でした。ごちそうさま。






▼越後村上名産【塩引き鮭】お取り寄せ▼
塩引き鮭産地直売


▼一般ご家庭専用漁師直送の地魚定期便▼
漁業者ネット直販


昭和丸フェイスブック



秋保温泉 ホテルニュー水戸屋
秋保温泉 ホテル瑞鳳
秋保温泉 秋保グランドホテル

カイダコ(アオイガイ)|日本海の珍しい生き物

カイダコ(アオイガイ)


前回の電気釣り漁操業時に釣れた珍客。

貝蛸

殻を背負った蛸

貝タコ

板曳き漁の際に海底に落ちている殻をたまに見つける事はあっても生きているものを見るのは珍しい。
しっかりと釣り針にかかっていたので驚き。

針から外す時に殻を捨ててそそくさと逃げようとする姿が可愛らしく、海水に殻と一緒に放置していたらいつのまにかまた殻に戻っていました。
美味しそうには見えなかったので元気なうちに海にリリース。

後日、ネットで調べると殻無しでは生きられず殻から出るとすぐに死んでしまうらしい。

殻を捨てて逃げてもすぐに死んでしまうのに、危険を感じるとすぐに殻を捨てて逃げようとしたあの滑稽な姿を思い出して笑ってしまいました。

電気釣り漁はその漁火につられて様々な海の生き物に出会えます。
近年は特に南の暖かい地方の生物を見る機会が増え、温暖化が進んでいる事を肌で感じます。

今まさに狙っている新潟県にはほとんどいなかった魚『サワラ』がその顕著な例です。
漁師が温暖化の恩恵を受けているから何とも言えない複雑な心境・・





▼飲食店限定新規昭和丸会員申込み▼
昭和丸会員申込み


▼一般ご家庭専用漁師直送定期便▼
定期便リンク


昭和丸フェイスブック