漁師直送 昭和丸

日本海新潟村上から会員飲食店様と一般ご家庭にお届けする漁師直送便

ブログ

塩引き鮭とは|作り方と美味しい食べ方&新潟村上と鮭の歴史

吊るされた塩引き鮭

塩引き鮭とは新潟県最北部に位置する村上市で、秋鮭を塩を使い加工して寒風で干し上げる地域の伝統食材のことです。村上市といえば鮭で有名な城下町で、鮭と共に歩んできた歴史があります。

 

鮭の恵に生かされている産地村上市の漁師が、村上の鮭と塩引き鮭について簡単にご紹介したいと思います。

 

【塩引き鮭通販|新潟村上の産地漁師が直送する名産お取り寄せ】

 

(さらに…)

漁師直送昭和丸の秋の電気釣り漁|会員店様向け鮮魚BOX

一本釣り漁の風景

昭和丸秋の一本釣り鮮魚セット発送内容を一部ご紹介

もうまもなく10月。

秋の電気釣り漁も後半戦に突入です。

今年は本命のサワラが回遊して来る時期が遅く、大豊漁だった昨年と比較すると物足りない感じですが、型の良いものが例年より多く混じります。

大型のサワラが大漁

サバは昨年と同じぐらいの漁。

丸々と肥っています。

秋サバを食べてみて

旬の極上のサワラとサバの味

どちらも脂がのって最高です。

この時期はまかないが楽しみ。

日本海秋鰆刺身

しめ鯖のハラス

昭和丸会員店様への鮮魚セット例

今期の会員店様への鮮魚BOXの内容の一部をご紹介

昭和丸の評価 秋が旬の首折れマサバ おばこサワラ山形 神経締め鮮魚セット 鮮魚BOX 昭和丸の評判

9月~10月中旬の今だけしか味わえない一本釣りの旬の魚です。

まだ利用したことのない方はこの機会に是非ご活用ください。

 

 

⇒業務用会員店様専用注文ページ

 

⇒一般の方注文ページ

 

【LINEから注文】
LINE@漁師直送
スマートフォンで上記QRコードを読み込むかコチラへアクセスして友達に追加後にトークからお問合せ、注文も受け付けています。

2017年初の電気釣り出漁|今年は鰆が来ないのか・・?

シマフグ




秋の鰆を狙う電気釣り漁に今期初で行ってきました。

※電気釣り漁とは夜間に漁火を焚いて魚を集めながら一本釣りを行う漁

今年のサワラは遅れていてまだ少ない事は知っていましたが、本格的に電気釣り漁をしている船がまだいなかったので抜け駆けしてやろうという黒い心で出港。

漁船が出港

電気釣り漁は海が澄んでいた方が海底に光がよく届くので好条件といわれていて、この日は澄んでギラギラで大漁の条件は整いました。

漁火遊漁船

日が沈んで電気を焚き始めてから一時間程でイワシ子が集まりだして魚群探知機も熱い反応。

鰆をおもてなしする条件は整いました。

おっ!

さっそく一本の竿にアタリが。

秋の鯖

サバかよっ。

いやいや悪くない。

秋の鯖は高級魚。

こいつとサワラはセットみたいなものだから必ず釣れるはず。

次のヒットも

秋の鯖

その次も

秋の鯖

おいおい何か様子がおかしいぞ・・。

 

そこそこ好調に釣れるサバを一生懸命に釣り続けていて、ふと気付いたら時計の針は深夜1時をまわっている。

ここまでの間に、長い体でギザギザの歯をした魚を一匹も見ていない。

トモ(船の後方)で釣っている父親にも一応確認。

自分「サワラ釣れた?」

父「いや。いない。」

 

そこでようやく気付く。

『今年はサワラがいないんだ』

 

結局は朝方に大物5キロと2.5キロと1.7キロのサワラわずか3匹。

新潟山形おばこサワラ




サバは最後まで好調で最終的に一尾600g以上の大きめのサイズが主で120キロ程の釣果。

シメ鯖大漁

他はトラフグ風の偽物フグとシマフグ

シマフグ

他はまかない程度のアジ

秋アジとその他の釣り魚

サバだけでは商売にならないので、台風の影響によるシケの間に板曳き漁の切り替え準備をします。

抜け駆けしようとする黒い心がそもそもいけないのかも。

釣り専門の船もいるので、サワラの良い情報が聞こえるまで板曳き漁に専念する予定。

次回出漁時から夏期はお休みしていた会員店様への直送も再開する予定です。




2017年夏の潜り漁の終了と秋のサワラ釣り水揚げ予想




残りわずか夏限定の潜り漁

6月に解禁した岩牡蠣、アワビ、サザエなどを対象とした潜り漁も8月一杯で終了して来年の6月まで長い禁漁期間に入ります。

 

前年より品質が良かった笹川流れの岩牡蠣

地域を代表するブランド岩牡蠣『山北産岩牡蠣』は、悪かった去年と一昨年の品質と比較して良い年だったと思います。

海水温などの様々な要因が品質に影響すると思いますが、天然物のためコントロールはできません。

来年は更に良いことを祈るのみです。

 

アワビの不漁に泣かされる

天然黒鮑

今年は昨年以上にアワビの不漁に泣かされる・・

値段が高騰するのはありがたいが、探しても探してもアワビが見つからない。

小さいアワビも少ないので、来年以降も間違いなく厳しい。

岩牡蠣やアワビなどの貝類は魚と違って回遊してくるわけではないので、限られた狭い漁場の資源と上手につきあっていく必要があります。

しかし、現状は長年の乱獲により年々悪化。

資源を回復させる特効薬は『獲らない』と簡単な事なんだけど、それを実行するのは本当に難しい。

獲ったら獲っただけお金になるので、目の前にあるものを獲らずにはいられないという人間の心理。

各地域の漁業協同組合が会社組織であったならば、社長の一声で『獲らない』を実行できるだろうけど、実際は個人事業主の集合体。

しかも、自分さえ良ければ先々の事なんてどうでもいいという価値観を持った人が大多数。

磯の資源保護が本当に大きな課題です。

 

秋のサワラの予想

おばこサワラ

例年だと8月後半から姿を見せはじめる秋のサワラ。

今年は遅れています。

早くも電気釣り漁行っている船が数隻ありますが、まだ良い情報がありません。

私も小型の第33昭和丸で盆過ぎから曳き釣りをしていますが、狙いのサワラはごくわずか。

釣れるのはほとんどイナワラ。

サワラトローリング

月末に最後の遊漁船営業が終わりしだい、第一昭和丸で電気釣り漁に切り替えます。

 

一年で最も重要なサワラシーズン。

少しくらい回遊して来る時期が遅れても、ちゃんと来てくれる事を祈っています。




新潟寝屋漁港さかなまつり2017年5月3日

魚祭り案内アイキャッチ




平成29年の新潟漁協山北支所(寝屋漁港)の魚祭りは5月3日

2017年今年もお待ちかねのGWイベント寝屋漁港さかな祭りが開催されます。

 

山北さかなまつりイベント案内




 

スタート時間は8時~

 

さんぽくの魚祭りを楽しむポイント

其の一、カニが目当ての人は朝早くから参加すべし

鮮魚行列

ズワイガニやお得な鮮魚などは朝早くオープン前から行列ができています。

お目当てのものが無くなる前に早起きして来るのがポイントです。

 

 

其の二、極上の活ズワイガニをセリで安くおとすべし

ブランド本ズワイセリ

11時からズワイガニのセリ市が行われます。

この日だけは特別に一般のお客さんがセリ人として参加して極上のズワイガニを激安で購入できる可能性があります。

カニ好きは是非参加をおすすめします。

 

 

其の三、子連れは午後から一番楽しむべし

魚の取り放題

午後1時から小学生以下の子供たちが参加できる魚のつかみ取り大会。

小学生以下なら誰でも参加でき、子供達もお父さんお母さんも大盛り上がり。

参加費無料でとった魚はもちろん全てタダでお持ち帰りできます。

 

 

GWの楽しい思い出作りに新潟漁協さんぽく支所(寝屋漁港)の魚祭りに是非お越しください。

 

日時 平成29年5月3日8時~
開催場所 新潟漁協山北支所(寝屋漁港)
所在地 新潟県村上市寝屋149